ボディケア

乾燥肌にはお風呂の中での保湿が大切!お風呂アイテムも紹介!

2018/11/26

お肌の保湿は女性が美肌を保つためには欠かすことのできないことでしょう。
そんな保湿はお風呂の中でしてしまうことで、お肌の水分を逃がすことなく効率的に行うことができます。
今回はそんなお風呂でできる保湿ケアについてご紹介していきます!

関連記事

ゴワゴワ、カサカサとサヨナラしよう!フットスクラブでかかと美人を目指す!

レッグジェルで美脚を目指そう!おすすめ製品と使い方をご紹介!

お風呂の中で保湿ケアするメリットとは?


お肌の乾燥対策にはお風呂での保湿が大切です。なぜお風呂で保湿ケアをすることが良いと言われているのでしょうか?2つのメリットがありました。

乾燥しやすいお風呂上がりのお肌を守る

お風呂上がりは最もお肌が乾燥しやすいタイミングです。
そのため化粧水クリームなどはできるだけ、お風呂を上がってすぐに塗ることが大切です。

本来はお肌を覆っている皮膚や角質層の中の水分により、お肌を守っています。ところがお風呂上がりになると水分によって洗い流されてしまい、角質層の水分が落とされてしまうでしょう。

更にお風呂の中と外とでは寒暖差もあるため、それが乾燥の要因にもなってしまいます。入浴中に上がっていた体温が、お風呂上がりに急に寒暖差が生まれるため体温が低くなり血行不良からお肌が乾燥してしまいます

それらを防ぐためにも、お風呂の中で保湿ケアを済ませてしまうことで、乾燥しやすいお肌を守ってくれるというわけです。

クリームのなじみが良くなる

お風呂上がりの保湿方法としてもボディクリームを使っている方は多いでしょう。

お風呂を上がって乾燥しているお肌にボディクリームを塗っても、お肌へなかなか浸透しません。そのため、お風呂に入って水分の残っているうちにボディクリームを塗ることで、水分とクリームの油分とが乳化してお肌への浸透をアップしてくれるというわけです。

またボディクリームは体温が温かい方が浸透しやすいものでもあり、お風呂内の体温が上がっている時が更にベストでもあります。

お風呂の中での保湿ケア方法

お風呂の中での保湿には、お肌をキレイに保つためにも大切だということがわかりました。
お風呂で行うことができる保湿にオススメな方法を4つまとめてみました!

お風呂保湿専用パック

大切な日に使いたくなるお肌のパックをより効果的にするには、お風呂の中が実はベストでした!室温の高い浴槽内は保湿効果もあります。

そんな中でパックを行うことで、スチーム代わりとなり、よりお肌への浸透が良くなるというわけです。湯船に浸かりながらでもできるオススメパックを2つご紹介します。

Malon. by TBC エステティックスチームマスク

☆0.00.0

Malon. by TBC エステティックスチームマスク
価格1,000円(税抜)
容量1枚入×3袋
全国にエステサロンを経営していることでも有名なエステティックTBCからパックが登場。少し使い方が変わっており、パックを使う前には暖かい湯船の中に10分ほど浸けておいてから使用します。その効果により、スチームエステのように暖かいままお肌にパックすることができ、保湿効果を促進してくれるでしょう。

リフターナプレミアムメルティエッセンスマスク

☆0.00.0
パックを使う前にお湯に浸して使うタイプで、温めることでなんとマスクが溶け25種類もの美容液が溶け出します。お肌への有効的な多くの美容成分が浸透し、保湿力を高めてくれるでしょう。

お風呂保湿可能な入浴剤

入浴剤は香りも楽しめてお風呂内でのリラックスタイムにぴったりです。
そんな入浴剤には、実はお風呂に浸かっているだけで全身を保湿してくれる、保湿成分の含まれているものもあります。入浴剤を入れていつものようなバスタイムを過ごすだけで良いですので、とても手っ取り早いものですよね♪

キュレル 潤浸保湿 入浴剤

☆0.00.0

キュレル 潤浸保湿 入浴剤
価格1,000円(税抜)
容量420ml
キュレルは化粧水や乳液など、乾燥に悩んでいる方に特に効果的なブランドで人気の商品です。そんな保湿成分の高いキュレルでは入浴剤も取り扱っていました。湯船に浸かっているだけで全身を隅々まで保湿してくれる働きのある薬用入浴剤です。お肌に潤いを与えて、お風呂上がりでもみずみずしいお肌を作ってくれるでしょう。

保湿入浴液 ウルモア クリーミーローズの香り

☆0.00.0
コラーゲン、ヒアルロン酸、セラミド、シアバターといった保湿成分がふんだんに使用されており、湯船に浸かるだけで全身をしっとりとしたお肌へ導いてくれます。乾燥からくるかゆみにも効果があり、肌トラブルのある人でも安心して使用することができるでしょう。乾燥がきになる冬なんかにもぴったりな入浴剤です。

濡れた肌にも使えるボディークリーム

お風呂上がりにボディクリームを塗るのが面倒だという女性が多いようです。
そんなズボラ女子のためにもお風呂で濡れているお肌に塗ることで保湿効果を期待できるクリームがたくさんあります。

お風呂でクリームを塗って、洗い流すだけでしっとりとしたお肌へと生まれ変わります。

ニベア インシャワーボディローション 優しいフローラルの香り

☆0.00.0
お風呂上がりのボディケアが面倒だという女性のために作られました。バスルームで手軽に行うことができ、濡れたお肌に塗って流すだけでボディケアが完了します!水分を含んだ濡れたお肌に塗ることで、保湿成分が角質まですばやく浸透してくれます。口コミでも効果が高いと評判で、タオルで拭いた後のみずみずしさが最高です。

LUSH/ ロウィーナ・バード

☆0.00.0

LUSH/ ロウィーナ・バード
価格2,769円(税抜)
容量225g
LUSHならではの甘いバラの香りのするボディークリームです。お風呂で濡れた素肌にクリームをマッサージしながらつけていき、すすぎ流して使用するタイプです。お肌をしっとりと潤いのある美肌へと導いてくれるでしょう。

しっかり保湿できるボディーソープ

体を洗う時に使うであろうボディーソープにも、しっかりと保湿できるタイプがありました。保湿成分の高いボディーソープを使うだけで、簡単にお肌への保湿を高めることができるでしょう。

ミノン 全身シャンプー しっとりタイプ

☆0.00.0
いつものボディーソープをミノンに変えるだけで、よりしっとりとしたお肌を保つことができるでしょう。乾燥によるお肌のかゆみや肌荒れを防いでくれる低刺激な薬用ボディーソープです。植物性の洗浄成分を使っているため、お肌への負担も少なく、潤いを落としすぎず乾燥を防いでくれます。

お風呂保湿の注意点


ここまででお風呂保湿に最適な方法をご紹介しました。ですがお風呂保湿をする際には注意点があります。

  1. お風呂あがりも保湿する
  2. お風呂で保湿することでもちろん効果はあるものの、お風呂から上がってもケアすることが乾燥肌を防ぐポイントです。ボディクリームやミルク、オイルなどの保湿アイテムを念入りにもう一度使うようにしましょう。ちなみにお風呂あがりに保湿を行う場合にはできるだけ早く、できるものならお風呂上がり10秒から1分以内には済ませた方が効果的です。

  3. お風呂の温度には気をつける
  4. お風呂内でケアするのであれば、お風呂の温度には気をつける必要があります。熱すぎるお湯は逆に保湿効果を下げてしまい、乾燥しがちです。そのためお風呂の温度は適温で、40度ぐらいに設定するようにしましょう。
    また乾燥によるかゆみを感じてしまう敏感肌の方はなおさら、お風呂の温度を40度程度の体温に近い温度へと見直すことが必要となります。いつもの温度が熱すぎてていないか今一度見直してみましょう。

まとめ

今回はお風呂でできる保湿方法についてご紹介しました。
お風呂上がりのボディクリームなどの保湿ケアが面倒だという方でも、お風呂で完結することができますのでとても簡単ですよね♪

更に1年の中でも冬は特に乾燥しやすい季節ですので、お風呂保湿をしっかりするタイミングでもあります。しっとりとしたお肌を手に入れるためにも、まずは自分にあった保湿アイテムからチェックしてみてはいかがでしょうか。

関連記事はこちら

ボディケアおすすめ商品

TOP