メイク

カバーしながら時短メイクが叶う!BBクリームおすすめ人気ランキング

BBクリーム

2018/8/8

手軽に時短メイクがしたい人にとっては便利なBBクリーム

シミやくすみをカバーしながらナチュラルに仕上げてくれると韓国コスメで人気出て以来、日本でもメイクの定番商品となりました。

ただ、BBクリームは使い方や選び方を間違えるとかえって化粧崩れの元になってしまうことも。

そこで、今回はBBクリームとはどんなものかというお話から選び方・使い方まで、BBクリームの気になる情報をまとめてみました!

関連記事

アイシャドウの塗り方と色選びのコツは?おすすめアイテムも紹介!

眉マスカラの塗り方のコツは?髪色別の眉マスカラを選ぶコツも紹介!

BBクリームとは

BBクリーム

BBクリームとは、美容クリーム、化粧下地、ファンデーション、コンシーラーなどがオールインワンになったファンデーションです。

本来であればファンデーションの下に基礎化粧品や化粧下地を塗る必要がありますが、BBクリームにはそれらの化粧品も一緒に含まれているため、メイク時間の短縮ができるのが嬉しいポイントです。

しかし、知らない人も多いのですが元々はドイツの医療現場で開発されたものであり、「Blemish Balm(ブレミッシュ バルム=傷を修復する軟膏)」の意味を持っています。

ピーリング後のお肌の炎症を抑えるための保護クリームとして医療用に使われていたものです。

そんなクリームを一般の人でも使いやすいように改良されたものが現在のBBクリーム。

炎症を抑える成分がなくても肌をきれいに見せるカバー力と、肌を保護する機能があります。

BBクリームのメリット

  • シミや色ムラをしっかりカバーしてくれる
  • オールインワンなので時短メイクが叶う
  • 乾燥しにくい
  • 化粧崩れしにくい
  • 厚塗り感がない

BBクリームは肌のキメを滑らかに整えて毛穴やシミ、小ジワなどをカバーしてくれます。

重ね塗りをすればコンシーラーの役目も果たしてくれます。

また、オールインワンとなっているため通常のメイクの手順を省いてより手短にメイクをすることもできます。

パウダーメイクに比べると乾燥や化粧崩れがしにくいだけでなく厚塗り感もなく仕上がるという嬉しいポイントもあります。

CCクリームとの違い

BBクリームのほかにCCクリームというものもありますが、この2つは似ているようでちょっと違います。

BBクリームは日焼け止め+下地+ファンデーションのまとまったもの。

CCクリームは下地とコントロールカラーが一緒になったものになっています。

コントロールカラーとは、肌に塗ることで元になっている肌の色味を補正してくれるという働きがあるため、ファンデーションの役割はないものの、素肌を美しく見せることが可能です。

BBクリームは塗ってメイクをしっかりカバーする効果があるのに対して、CCクリームはメイクをぼかす効果があると言えるでしょう。

BBクリームの選び方とポイント

選び方

種類が豊富なBBクリームですが、選ぶときにはどのようなことを基準にしたらいいのでしょうか。

BBクリームの選び方の指標として、肌質と肌色の2点から選ぶ基準をお伝え致します!

肌質で選ぶ

肌質や肌悩みは個人によって違うもの。

BBクリームは肌に直接塗るものだからこそ、まずは肌質に合わせて選ぶことが大切です。

以下の指標を参考にしてみてください。

乾燥肌
保湿成分が入ったBBクリームを選びましょう。ヒアルロン酸Naやコラーゲン、セラミドが含まれているものがおすすめです。
オイリー肌
ビタミンC誘導体が入ったBBクリームがおすすめ。ビタミンC誘導体は美白効果だけでなく皮脂の分泌をコントロールしてくれる働きもあります。
エイジング肌
年齢肌が気になる人は乾燥肌の人と同じで保湿成分が含まれているほかにプラセンタや人オリゴペプチド-1(EGF)などが含まれたものがおすすめです。
敏感肌
無添加の製品を選ぶのがおすすめ。刺激になりやすいものにはパラペン・アルコール・鉱物油・合成色素・紫外線吸収剤などがありますので、これらが含まれていないものを選びましょう。

自分に合う色で選ぶ

BBクリームはブルーベースのものとイエローベースのものがあります。

私たちの肌も、大きくその2種に分けられるのですが、自分の肌に合ったものを選ぶほうが肌へのなじみがよくなります。

ブルーベースとイエローベースの見分け方として、以下の項目を参考にしてみて下さい。

ブルーベースイエローベース
腕の血管の色青く見える緑っぽく見える
白目の色やや水色っぽく見えるアイボリーに見える
目の下のクマ青グマ茶グマ

ブルーベースの人はピンクオークルやピンクライトなど、ピンクベースのファンデーションが似合う傾向にあります。

反対にイエローベースはライトベージュやライトオークルなどイエローみがかかったファンデーションが合いやすいです。

ただし、これはあくまでも目安。

BBクリームを購入する場合は他の化粧品と同じくできるだけテスターで色なじみを確認してから購入するようにしましょう。

BBクリームおすすめランキング7選

当サイトに載っているBBクリームの中でもおすすめの商品をランキング形式でご紹介していきます!

1

ランコム UV エクスペール BB

☆5.05.0

ランコム UV エクスペール BB

ランコム UV エクスペール BB
価格5,800円(税抜)
容量30ml

ランコム UV エクスペール BBのクチコミ

(口コミ1件)
ちゅんさん ☆5
2018/08/20
娘に勧められて購入してみました。少しお高いですが、薄く塗っても肌の透明感が違うように思います。ファンデ―ションを重ね付けしてますが、毛穴も目立ちにくいのでとても気に入りました。

2

アテニア BBクリーム

☆5.05.0

アテニア BBクリーム
価格2,000円(税抜)
容量30g

アテニア BBクリームのクチコミ

(口コミ1件)
ひまわりさん ☆5
2018/08/01
BBクリームはいつもこれを使っています。肌なじみが良いので自然な感じに肌がきれいに見えて嬉しいです。

3

アヤナス BBクリーム

☆4.04.0

アヤナス BBクリーム

アヤナス BBクリーム
価格4,000円(税抜)
容量25g

アヤナス BBクリームのクチコミ

(口コミ1件)
あやさん ☆4
2018/05/03
ディセンシアのアヤナスBBクリームはBBクリームの中ではカバー力が高いです。
仕事に行くときなどはこれだけ塗って、最終的にお粉を軽くたたくだけで完成するので時短に繋がります。
朝が忙しい人に特にお勧めです。

4

セパルフェ ノンケミBB ザ ブライトアップ BBクリーム

☆0.00.0

5

マナラ BBリキッドバー

☆4.04.0

マナラ BBリキッドバー

マナラ BBリキッドバー
価格3,400円(税抜)
容量7g

マナラ BBリキッドバーのクチコミ

(口コミ1件)
木村さん ☆4
2018/09/11
思っていたよりも硬さがなくやわらかな塗り心地でした。カバー力が高く崩れにくいので良いと思いました。やや油っぽいので汗をかきやすい夏場には不向きだと感じました。

6

マキアージュパーフェクト マルチベースBB

☆0.00.0

7

オンリーミネラル アクアリフトBB

☆0.00.0

アクアリフト BBクリーム

オンリーミネラル アクアリフトBB
価格4,000円(税抜)
容量30g

BBクリームの崩れない塗り方

崩れない塗り方

BBクリームは塗るだけで時短メイクが叶いますが、塗り方を間違えると時間の経過とともにヨレやすくなったり崩れてしまう原因になってしまいます。

そこで、この項目ではBBクリームの崩れにくい塗り方をポイントと一緒にご紹介していきます!

①BBクリームを手の甲に出す

まずはBBクリームを直接顔にのせるのではなく、手の甲に出します。

パール大くらいがちょうど良いでしょう。

BBクリームはよく伸びるため、出しすぎには注意してください。

②顔の5ヵ所にBBクリームをのせる

手の甲にあるBBクリームを指に取り、額、あご、右頬、左頬、鼻筋にのせていきます。

鼻筋に多くのせると鼻周りの化粧がヨレやすくなるため、鼻筋には少量をのせるのがポイントです。

③顔の外側に向けてBBクリームを伸ばしていく

肌の上にのせたBBクリームを少しずつ伸ばします。

このとき、顔の内側から外側に向けて伸ばすのがポイントです。

ムラにならないように均一に伸ばすことでヨレにくくなるため、一部にBBクリームが固まってしまわないようにまんべんなく伸ばすようにしましょう。

フェイスラインと首の境目がくっきり分かれてしまわないようになじませてから、指に残ったBBクリームを最後にまぶたに塗っておきます。

④顔全体のBBクリームをスポンジでなじませる

顔全体にBBクリームを伸ばし終えたら、今度はスポンジやティッシュなどで顔全体のクリームを肌になじませます。

スポンジやティッシュを使うことでクリームの無駄な油分を取り除くことができるため、より化粧が崩れにくくなるでしょう。

⑤顔全体にフェイスパウダーを塗る

最後に、顔全体へフェイスパウダーを塗って完成です。

BBクリームは油分が入っているため、そのままにしておくとテカリやヨレが起こったり、顔に触れた時手についたりしやすくなります。

フェイスパウダーを重ねることで油分を落ち着けてマットな仕上がりにしてくれる効果があります。

また、透明感のある肌が良い人はパール入りのフェイスパウダーを選ぶと良いでしょう。

【まとめ】BBクリームで簡単に肌悩みをカバー

BBクリーム

BBクリームは下地やファンデーションが一緒になった時短メイクですが、自分に合ったものを選んで正しい使い方で利用することによりより美肌を目指すことができます。

ぜひ今回の記事を参考にくすみ知らずの美肌を目指してみて下さいね!

関連記事はこちら

TOP