ボディケア

【乾燥肌の人必見!】肌の潤いをキープするボディオイルおすすめ5選

ボディオイルおすすめ5選

2018/1/26

人間の肌には普通肌・オイリー肌・敏感肌といった種類があり、皮脂の分泌量が少ないタイプを乾燥肌と呼びます。皮脂は肌を守る機能があるため、分泌量が少な過ぎると何かと不便です。

そこで、活躍するアイテムとして「ボディオイル」が挙げられます。ボディケア商品にもさまざまな種類があるので、「ボディオイルって何?」と感じる人が多いかもしれません。今回は乾燥肌に人に最適のボディオイルについて、詳しく見ていきます。

関連記事

憧れの白い歯を目指す!ホワイトニングの方法と黄ばみの原因を紹介!

【価格・コスパ重視】入浴剤のおすすめランキング12選

ボディオイルとは?バター・クリーム・ミルク・ローションとの違い

ボディケアアイテムとして、

  • オイル
  • バター
  • クリーム
  • ミルク
  • ローション

の5種類が挙げられます。

今回紹介するボディオイルは油分が多く、皮脂のように肌をカバーしてくれることが特徴です。肌が持っている水分や油分を逃がさず、保湿力を保ってくれます。トロッとしたオイルで伸びが良く、肌に馴染みやすいです。少量でもさまざまな部分をケアできるため、コストパフォーマンスに優れています。植物由来オイルを使った商品が多く、全身ケアしやすいことも特徴の1つです。全身に使えるほど安全性が高いため、商品によっては顔や髪の毛までケアできるケースがあります。また、植物由来のオイルを使っていることから香料を加えず、素材本来の香りを活かしている商品が多いです。

ボディバターはその名の通り、食品のバターのようにテクスチャーがしっかりしているアイテムを指します。オイルやクリーム以上に、肌をしっかりカバーしてくれます。

ボディクリームはテクスチャーが使いやすく、職場や旅行先などどこでもケアできることが魅力です。オイルと違って、バリエーション豊富な香りが展開されていることもクリームの特徴となります。

ボディミルクはクリームより水分が多く、べたつきにくいです。そのため汗をかきやすい夏はサラッとした使い心地のボディミルク、乾燥が気になる冬はカバー力に優れたクリームといったように使い分けている人が多く見られます。

最後のボディローションは油分がほとんど含まれていない、サッパリ系のアイテムです。肌を保湿するのではなく、マッサージの潤滑油として使用されるケースが多くなっています。

さまざまな効果を発揮する⁉ボディオイルの魅力

自分を抱く女性

ボディオイルの主な目的は水分や油分を補って、保湿力を高めることです。水分保持力が高まれば肌に潤いが出て、キメを整えることができます。皮脂と水分のバランスが良くなり、肌の透明感が増す・肌がふっくらするといった効果があります。乾燥肌の人は皮脂の分泌量が少ないものの、ボディオイルに含まれている油分が皮脂の代わりに肌の表面でバリアを形成してくれるのです。皮脂の分泌量が少なくても肌をしっかり守れるため、紫外線対策と成り得ます。

また、肌の状態を整えれば、ターンオーバーを促せる可能性があります。ターンオーバーは古い角質を排出して、新しい角質に生まれ変わることです。シミはメラニン色素が沈着することで色が濃くなっていきます。定期的にターンオーバーが行われると角質と一緒にメラニン色素が排出されるため、シミを緩和・予防することが可能です。

非常に伸びが良いボディオイルは肌の奥まで浸透して、有効成分が届きやすい状態を作ってくれます。この特性を活かして、化粧前のブースターとして使用されることが多いです。化粧水の浸透率を高めれば有効成分が肌の奥まで届き、美肌へサポートしてくれます。

ボディオイルの使い道は?

オイルマッサージを受けている女性の足

ボディオイルの主な使い道は

  • マッサージ
  • ブースター
  • クレンジング
  • ヘアケア
  • パック

の5種類です。マッサージをする時はボディオイルを塗ることで摩擦が少なくなり、肌を傷めずにケアできます。さらに、マッサージをすればボディオイルの成分浸透率がアップするため、一石二鳥です。

毎日のケアでボディオイルを使う人は、ブースターとしてだけではなくクレンジングやヘアケアアイテムとして使う方法もあります。植物由来で製造されているボディオイルは刺激成分が少なく、敏感肌の人でも優しく化粧を落とすことが可能です。
ただし、顔や髪の毛に使用して良い商品か、事前に必ず確認してください。

他には、ボディオイルを塗ってから蒸しタオルを乗せれば、パックすることができます。蒸しタオルによって血行が良くなると毛穴がしっかり開き、成分が肌の奥まで浸透しやすいです。蒸しタオルの上からマッサージすれば、リラックス効果をもたらします。

ちなみに、ボディオイルはクリーム・ローション・美容液といった他のアイテムと混ぜることも可能です。
また、オイルとクリームを併用する時は、クリーム・オイルとう順番で使用する必要があります。なぜならクリームは肌に水分を与え、オイルは肌の水分や油分を閉じ込めることが主な目的だからです。オイルの後にクリームを使っても成分が浸透しないので、注意しましょう。

実際にボディオイルを使ってみましょう!

まず、ボディオイルはお風呂上りに使用するのがベストタイミングです。ただし、お風呂上りと言っても、浴室から出た状態で使用するわけではありません。実は浴室から出ると肌が徐々に乾燥して、水分や油分を閉じ込めにくくなるのです。
そのため、入浴や体の洗浄を済ませた後、浴室内でボディオイルを塗ることが大切になります。また、浴室内で適度な水分があった方がボディオイルの伸びが良くなり、ランニングコストを抑えることができます。
体が温かい状態の方がオイルが伸びやすいという効果もあるので、浴室で70~80%の水分を拭き取ってからボディオイルを使用しましょう。さらには、体を洗った後に湯船に浸かると毛穴がしっかり開き、成分が浸透しやすくなるというのも、理由の1つになります。

塗り方としては入浴や洗浄を済ませたらボディオイルを掌に適量出し、掌を擦り合わせてオイルを温めることが大切です。先程も述べたように油分が多いオイルは温度が高い方が伸びが良くなるため、温めてからケアしたい部分に塗る必要があります。上から下・下から上というように、一定方向に塗ることでボディオイルの伸びの良さを最大限に活かすことができます。特に関節部分はオイルが伸びにくいので、念入りに塗ることがコツです。ただし、強い力で擦り過ぎず、マッサージする感覚で塗ってください。ボディオイルが余った時は膝や肘などの乾燥しやすい部分に塗ると、オイルを無駄なく使用できます。その後は商品によって手順が異なりますが、

  • そのまま放置してOK
  • タオルでオイルを拭き取る
  • 水でオイルを洗い流す

といったケースが多いです。商品の説明書を確認して、正しい方法で肌をケアしましょう。

ちなみに、皮脂腺が豊富で皮脂の分泌量が多い胸元や背中は、ボディオイルを塗り過ぎないことが重要です。ボディオイルでケアしなくても皮脂がバリアを形成してくれるので、適度に塗るようにしましょう。

ボディオイルランキング!人気ベスト5

1

尊馬油 ソンバーユ無香料

☆4.54.5

ソンバーユ無香料

尊馬油 ソンバーユ無香料
価格2,000円(税抜)
容量75ml
『ソンバーユ 無香料』は中国伝来の馬油に着目し、馬油100%のシンプルなボディオイルを開発しました。

無添加・無香料にこだわり、素材の良さをそのまま活かしています。馬油は馬の皮下脂肪から採取できるオイルで、人間の皮脂と近い物質が含まれている特徴があります。人間の肌に元々存在する成分に似ているので、肌トラブルが起きにくいです。

さらに、浸透率が比較的高く、ブースターとして使用する人が多く見られます。少量で顔全体をケアできるほど伸びが良く、ランニングコストがかからないことも魅力の1つです。血行促進・育毛・殺菌といった効果があり、さまざまなシーンで活用できます。部位別の効果を見ると、

  • 肌:乾燥を防ぐ/ハリ・ツヤを与える/日焼けによるシミを防ぐ
  • 髪の毛:髪の毛に水分や油分を与える
  • 唇:潤いを与える
  • 爪:潤いを与え、健やかな成長を促す

が代表的な例です。ちなみに、このボディオイルを中心に、香りがあるシリーズ商品がバリエーション豊富に展開されています価格は75mlの内容量で約2000円です。

尊馬油 ソンバーユ無香料のクチコミ

(口コミ2件)
ももさん ☆4
2018/03/26
元々乾燥肌で、手軽に保湿ケアを行えるスキンケア化粧品を探していたところ口コミ評価が高いソンバーユを見つけたので利用してみました。化粧水の後にソンバーユを適量なじませると、嫌なベタつきがなくスーッと肌に潤いが浸透していき、しっとりとした状態が続きます。

2

クナイプビオ オイル

☆3.53.5

クナイプビオ オイル

クナイプビオ オイル
価格1,800円(税抜)
容量100ml
『クナイプビオ オイル』は顔・ボディ・髪の毛など、あらゆる部分に使用できるボディオイルです。べたつきにくいテクスチャーなので、服が汚れにくいメリットがあります。

完治した傷跡やニキビ跡にも使用でき、クリームと混ぜることが可能です。薬局やバラエティショップで販売されているため、気軽に購入できます。また、ミニサイズが登場しているので、旅行先に持ち運びやすいです。大きいサイズを購入した人はミニサイズのボトルに詰め替えることで、持ち運びに便利なボディオイルを用意できます。

成分は100%天然由来成分にこだわり、防腐剤・シリコン・鉱物油といった刺激物は含んでいません。オリーブオイルには抗酸化作用に優れたビタミンEが豊富で、細胞の老化を防いでくれます。費用は20mlなら約500円、100mlなら約1800円です。100mlは顔のみ使用する場合は3~5ヶ月、ボディのみは2~3ヶ月、顔とボディの両方をケアする人は1~2ヶ月もつと考えてください。

クナイプビオ オイルのクチコミ

(口コミ2件)
のんのんさん ☆4
2018/04/30
冬になり身体の乾燥が気になる時に使ってみました。オイルだからべたつくのかなと思っていましたが、意外とさらっとしていて使い心地はよかったです。後で肌がしっとりしていたので乾燥ケアの効果もばっちりだと思います。

3

無印良品 スウィートアーモンドオイル

☆4.04.0
『スウィートアーモンドオイル』はテクスチャーが軽く、手・足・顔のケアに使用できます。

使いやすいポンプタイプが採用され、1プッシュで約0.5cc出て来ます。香料・着色料・アルコールといった刺激成分がなく、アレルギーテスト済みです。個人差があるものの、比較的誰でも安心して使えることが特徴と言えるでしょう。

スウィートアーモンドオイルは「アーモンドオイル」と呼ばれることもあり、アーモンドの種子から抽出されています。「ビターアーモンド」という種類は毒性があるため、ビターアーモンドと区別するためにスウィートアーモンドオイルと呼ばれています。アーモンドにアレルギーがなければ、赤ちゃんでも使用できるほど安全な商品です。ビタミンやミネラルといった栄養が豊富で、オレイン酸やリノール酸が含まれています。

  • 皮膚を柔らかくする
  • メラニン色素の沈着を防ぐ
  • 肌を保湿する

といった効果があり、ボディオイルとして人気が高いです。ほんのり甘い香りがあり、200mlで約1900円で販売されています。

無印良品 スウィートアーモンドオイルのクチコミ

(口コミ1件)
ままりんさん ☆4
2018/03/31
乾燥肌が気になり使ってみることにしましたが、オイルという割には全くべたつかず使えるのがとてもいいです。安いので本当に効果があるか心配でしたが、肌の乾燥は全く気にならなくなりました。全身に使えるのでコスパは最高だと思います。

4

ナプラ N. ポリッシュオイル

☆0.00.0

ナプラ N. ポリッシュオイル

ナプラ N. ポリッシュオイル
価格1,200円(税抜)
容量30ml
『N. ポリッシュオイル』は天然由来原料のみを使って、マンダリンオレンジ&ベルガモットの香りを実現しています。天然由来成分が配合されているので、気軽に利用できます。
30mlのミニサイズなら約1200円、150mlなら約3400円です。ヘアケアアイテムとして販売されていますが、実は肌の保湿オイルで使う方法もあります。髪の毛に使う時はスタイリングの仕上げに毛先に塗ることで、髪の毛にツヤを与えます。ボディに使うと肌の保湿力を高め、ハリやツヤを取り戻してくれるかもしれません。

5

クラランス ボディ オイル“アンティ オー”

☆3.03.0
『ボディオイル アンティ オー』は植物由来のボディオイルで、ヘーゼルナッツオイルが含まれていますヘーゼルナッツオイルは約80%がオレイン酸なので、刺激がほとんどありません。優れた抗酸化作用によって活性酸素を除去し、若々しい状態を保ってくれることが特徴です。エッセンシャルオイルにはオレンジ・レモン・マヨナラ・ゼラニウムといった素材を採用しています。
気分をリフレッシュさせる香りなので、体だけではなく心までケアしてくれます。皮脂の量を整えて乾燥から肌を守り、肌を滑らかにする能力に長けているボディオイルです。価格は100mlで約8000円かかります。

クラランス ボディ オイル“アンティ オー”のクチコミ

(口コミ1件)
みみぃさん ☆3
2018/03/31
足のマッサージで使ってます。立ち仕事なので浮腫が一番の悩みで、こういうオイルは良く購入しました。中でもこれはマッサージと合わせて効いてる感じがしてます。香りもいいから使ってて気分がいいし、お気に入りです。

【まとめ】乾燥肌さんにおすすめボディオイル

セルフマッサージをする女性
さまざまなボディケア用品がある中で、今回は乾燥肌方におすすめのボディオイルについて紹介しました。ボディオイルの中でも使用方法や用途は各商品によっても異なるので、適切な商品を選び、自分の悩みに沿った商品で乾燥肌対策を行いましょう。

関連記事はこちら

ボディケアおすすめ商品

TOP