スキンケア

乾燥肌を優しく洗い上げる!おすすめ洗顔料ランキング

2018/12/3

肌がカサカサになったり、赤みが出てきたりしてしまう乾燥肌
肌の乾燥は美容の大敵であるだけでなく、外部の刺激を受けやすくなっている状態でもあり、さまざまな肌トラブルを引き起こす場合があります。

乾燥肌をしっかりとケアするためには、原因と正しい洗顔料の選び方が大切です。肌の状態に合わせて、適切な洗顔料を選びたいですね。

そこで今回は、乾燥肌におすすめしたい洗顔料をランキング形式でご紹介します。
あなたの肌にぴったりの洗顔料を選び、乾燥肌をケアしてみてくださいね。

関連記事

拭き取るだけでメイクオフ!クレンジングウォーターの人気ランキング

酵素洗顔はどんな効果がある?おすすめの酵素洗顔も紹介

乾燥肌の原因とは


乾燥肌の主な原因としては、次の3つが挙げられます。

外気、エアコンによる乾燥

空気が乾燥していると肌の水分・油分が少なくなってしまい、冬になると乾燥肌になるという方も多いはず。暖房だけでなくエアコンによる冷房も乾燥を引き起こす原因となるため、夏場の乾燥肌にも要注意です。

生活習慣の乱れ

偏った食生活・睡眠不足といった生活習慣の乱れも、乾燥肌の原因のひとつ。
肌に必要な栄養素の不足、ターンオーバーを乱すといった悪影響が、乾燥肌を引き起こしてしまいます。

間違った洗顔

肌に合わないクレンジングや洗顔料が、乾燥肌の原因になることもあります。
肌をしっかり洗いたいからといって一日に何度も洗顔をしたり、ゴシゴシこすって洗ったりすると、肌表面の必要な皮脂・水分を奪ってしまう原因に。また、皮膚のバリア機能が低下している乾燥肌には、洗浄成分の強すぎる洗顔料は不向き。肌をやさしく、労りながら洗顔できる商品選びが大切です。

乾燥肌に適した洗顔料の選び方


洗顔は毎日行うことですから、洗顔料が肌に合っていないと乾燥肌が悪化する場合があります。洗顔から肌質を変えていくために、肌の状態に合う洗顔料を選ぶことから始めてみてください。

保湿成分が含まれている

乾燥肌になってしまう大きな原因は、肌の水分・油分の減少です。
毎日欠かせない洗顔ですが、洗顔料によっては、不要な汚れを落とすだけでなく、肌に必要な水分・油分まで奪ってしまうことも

うるおいを補うことが重要となる乾燥肌には、保湿成分がたっぷり配合された洗顔料を選ぶのがおすすめです。
成分表をチェックする際、以下のような保湿成分が配合された洗顔料を選ぶようにしましょう。

 ヒアルロン酸
 セラミド
 コラーゲン
 ココナッツオイル
 ホホバオイル
 シアバター など

添加物をチェック

乾燥肌は、外部からの刺激を受けやすい状態です。特に、アルコール成分は皮脂汚れをしっかり落とす反面肌の水分を奪って赤み・ヒリつきの原因となってしまうため、アルコール(エタノール)フリーの洗顔料が最適。

刺激に敏感な乾燥肌の方は、なるべく以下のような添加物が含まれていない洗顔料を選ぶのがおすすめです。

 香料
 着色料
 タール
 パラベン
 アルコール(エタノール)
 防腐剤
 紫外線吸収剤
 鉱物油
 シリコン

肌に負担をかけない洗顔料を選ぶ

洗顔料にもさまざまなタイプがありますが、デリケートな乾燥肌にはしっかり泡立つ洗顔料が最適です。そのため、きめ細かい泡を作りやすいクリームタイプ固形石鹸がおすすめ。

必要に応じて泡立てネットを使用し、ふっくらとした弾力のある泡で洗顔するようにしましょう。

また、あえて泡で洗わず、肌に密着して優しく洗浄できるゲルタイプの洗顔料も人気です。一方、水分が多く含まれているリキッドタイプや、泡がへたりやすい泡(ポンプ)タイプの洗顔料は乾燥肌に不適切

泡立てにくい洗顔料は肌と手が触れやすく、摩擦が起きて肌の負担となってしまいます。洗顔料を選ぶ際は、洗顔料のタイプにも注意してみてください。

洗顔料おすすめランキング

ここからは、人気の洗顔料をランキング形式でご紹介します。選び方のポイントと合わせて、あなたの肌に合う洗顔料を見つけてださいね。

1

マナラ モイストウォッシュゲル

☆0.00.0

マナラ モイストウォッシュゲル
価格3,200円(税抜)
容量120ml
毛穴汚れはしっかり落としたいけれど、洗顔後の乾燥は防ぎたい。そんな願いを叶えるのが、マナラのモイストウォッシュゲルです。美容液成分を97.5%も配合しているため、洗顔後もお肌がしっとりモチモチ!プッシュして肌全体にくるくるなじませるゲルタイプですので、泡立てが面倒という方にもおすすめです。

2

どろあわわ

☆5.05.0

どろあわわ

どろあわわ
価格2,980円(税抜)
容量110g
肌を柔らかくほぐしながら洗顔する、新発想の洗顔料です。米麹エキスと米ぬか発酵エキスによって肌にうるおいを与えながら、どろの吸着力でごっそりと汚れを洗い落とします。手が肌に直接触れないほどの濃密な泡立ちなので、デリケートな乾燥肌を労りながらケアすることが可能です。

どろあわわのクチコミ

(口コミ1件)
鳥羽フシミさん ☆5
2018/04/20
毛穴対策に役立つほど洗浄力が高い洗顔せっけんは使用後の乾燥が気になるタイプが多いのですが、どろあわわはスッキリとした洗い上がりでありながらうるおいが続く感じがあってお気に入りです。価格はちょっと高めですが少しの量ですごく泡立つのでコスパ的にも納得しています。

3

ウォッシングフォーム スーパーセンシティブ

☆0.00.0
なめらかなミクロの泡立ちで、摩擦をかけずに優しく洗い上げる洗顔フォームです。アルコールやパラベン、石油系界面活性剤といった添加物を使わない低刺激処方で、敏感な肌のバリア機能を守ります。素肌を整えるビタミンH、ビタミンPを配合しており、乾燥肌のケアに最適です。

4

アクアフォース マイルドウォッシュ

☆0.00.0
うるおいを角層の奥にまで届ける、浸透力の高さにこだわった洗顔料です。まるで肌に貯水しているかのような感覚で、洗うほどにみずみずしい肌へと導きます。モコモコの濃密泡が肌に密着し、汚れや古い角質もしっかりオフできる優秀アイテムです。

5

ノブⅢ ウォッシングクリーム

☆0.00.0

ノブⅢ ウォッシングクリーム
価格3,500円(税抜)
容量120g
臨床皮膚医学に基づいて作られたノブの洗顔フォームです。肌のバリア機能に必要な3因子をバランスよく配合し、うるおいを保ちながら乾燥に負けないすこやかな肌へと導きます。すっきりとした洗い上がりなのにつっぱらない点も魅力です。

6

ニベア クリームケア洗顔料 しっとり

☆4.04.0
ニベアクリームの保湿成分を配合した、しっとりタイプの洗顔料です。濃密リッチなクリーム泡によって、肌のうるおいを守りながらすっきりと洗い流せます。肌にうるおいのヴェールを作り、洗い上がりはしっとりなめらか。プチプラなので、手頃な価格の洗顔料をお探しの方にもおすすめです。

ニベア クリームケア洗顔料 しっとりのクチコミ

(口コミ21件)
ここさん ☆4
2018/04/18
ニベア クリームケア洗顔料 しっとりタイプは、泡立ちが良くてモコモコした泡になり顔をしっかりと包み込んでくれるので、とても洗いやすい洗顔です。コストパフォーマンスも良くて気に入っていて、愛用し続けています。

7

ファンケル 洗顔パウダー

☆0.00.0

ファンケル 洗顔パウダー
価格1,200円(税抜)
容量50g
ファンケルの洗顔パウダーは、きめ細かくて濃密なもっちり泡で肌を優しく洗い上げます。毛穴や角層まで行き届いて、つるんとした生まれたての肌に。化粧水の浸透率もぐんとアップし、乾燥肌のケアに大活躍します。

正しい洗顔方法


洗顔料選びと同じくらい大切なのが、正しい洗顔方法です。
洗顔を見直すことで乾燥肌そのものが改善し、スキンケアの効果もアップします。

弾力のある泡で肌をこすらずに洗う

肌への摩擦は、乾燥肌を悪化させるだけでなく、毛穴を広げる原因になりますので絶対にNG

肌を直接手でこすらないよう、洗顔料をしっかり泡立てて弾力のある泡で洗いましょう

手先の力でゴシゴシ洗うのではなく、泡の吸着力で汚れを落とすことを心がけてください。

シャワーを直接肌に当てず、ぬるま湯ですすぐ

すすぐ時の温度は、肌へ負担がかかりにくいぬるま湯がベスト
冷水だと毛穴が閉じて汚れが落ちにくくなってしまい熱すぎると必要な皮脂を奪って乾燥肌の原因となってしまいます。

また、シャワーを顔に直接当てると、水圧の刺激で乾燥やたるみの原因となります。すすぐ際は手にぬるま湯をためて、ヌルつきがなくなるまで丁寧に洗顔料を落とします

Tゾーンやアゴを重点的に洗う

洗顔をする際、頬を入念に洗っているという方も多いのではないでしょうか?
実は、頬は顔の中でも乾燥しやすい部分。肌への負担を少しでも軽減するために、皮脂汚れの溜まりやすいTゾーンアゴを中心に洗い上げます。逆に、乾燥しやすい目元や頬の洗いすぎは要注意です。

まとめ

乾燥肌におすすめの洗顔料を人気ランキングでご紹介しましたが、いかがでしたか?

乾燥肌の方は、日頃のスキンケアはもちろん、保湿効果が高くて刺激の少ない洗顔料を選ぶのも重要です。
紹介した商品を使って、乾燥肌にふさわしい洗顔を試してみてくださいね。

関連記事はこちら

スキンケアおすすめ商品

TOP