ヘアケア

【スペシャルケアしたい人必見!】ヘアマスクとトリートメントの違いは?おすすめヘアマスク4選

【スペシャルケアしたい人必見!】ヘアマスクとトリートメントの違いは?おすすめヘアマスク4選

2018/2/7

ヘアケア商品には入浴時など髪の毛が濡れた状態で使用できる「インバスアイテム」と、入浴後に使用する「アウトバスアイテム」の2種類があります。インバスアイテムはシャンプーやリンス、アウトバスアイテムはローションやヘアクリームが代表的な例です。
数々のヘアケア商品が販売されている中、最近「ヘアマスク」が注目されていることを知っていますか?ヘアマスクはインバスアイテムですが、シャンプーやリンスとは違った特徴・使い方があります。今回は他のアイテムとの違いに着目しながら、大人気ヘアマスクを紹介します。

関連記事

市販のクリームシャンプーおすすめはランキングと口コミで知る【人気7選】

【ヘアサロンの人が選んだ】シャンプーおすすめランキング10選

そもそもヘアマスクとは?ヘアマスク=トリートメント!

ヘアマスク

ヘアマスクとは、傷んだ髪に栄養を補給して髪の毛を補修・ツヤ出しするヘアケアアイテムです。髪の毛に必要な栄養を与えることで滑らかな仕上がりになり、シャンプー後のごわつきを抑えることができます。さらに、ヘアマスクは風邪の時に使用するマスクが口や鼻を覆うのと同じように、髪の毛を包み込んでしっかりコーティングしてくれます。髪の毛が持っている栄養や水分が外に出ることを防ぎ、紫外線などの外的刺激から髪の毛を守ってくれることが特徴です。

このようなヘアマスクの特徴を見ると、髪の毛をコーティングするトリートメントとほぼ同じような効果があることが分かります。トリートメントも栄養補給・コーティングといった効果があり、「ヘアマスク=トリートメント」と考えて問題ありません。ただし、一般的にトリートメントは毎日使っても問題ないくらいの適度な成分が含まれています。一方のヘアマスクはトリートメントの数倍程度の成分が含まれているため、潤い持続効果や髪の毛の補修効果が圧倒的に高いです。つまり、ヘアマスクとトリートメントは特徴がほぼ同じですが、効果に違いがあることを意味します。ヘアマスクはトリートメントでは修繕できないような酷い傷みをスペシャルケアしてくれるアイテムなのです。

その他のヘアケアアイテムとの違い

シャンプーやコンディショナー

ヘアマスクやトリートメント以外のヘアケアアイテムとして、

  • リンス
  • コンディショナー
  • ヘアパック

が挙げられます。

リンスは髪の毛の表面をコーティングして、髪の毛をすすぎやすくするアイテムです。髪の毛の水分を保持し、ツヤを出すことを得意としています。コンディショナーも髪の毛をコーティングして潤いを保つアイテムなので、「リンス=コンディショナー」と考えてOKです。ヘアマスク(トリートメント)は髪の毛に栄養を与え、リンス(コンディショナー)は髪の毛の保護をするアイテムと考えれば分かりやすいでしょう。既に髪が傷んでいる人はヘアマスク、傷みを未然に防ぎたい人はリンスを使うのが得策です。

ちなみに、メーカーによってはヘアマスクを「ヘアパック」と表記していますが、大差はありません。明確な定義がないため、ヘアマスクとヘアパックが混同しているだけです。特にヘアパックはメーカーによって効果がさまざまで、どちらかと言えばトリートメントに近い毎日ケア用の商品も多く見られます。ヘアマスクはスペシャルケア商品なのでメーカーによって効果に違いがあるものの、全体的に効果の高いものが多いです。それほど違いはありませんが、商品を選ぶ時は参考にしてください。

【ヘアマスクの正しい使い方】順番はシャンプー・ヘアマスク・リンス!

シャンプーとコンディショナー

使う順番としては、先程説明したヘアケアアイテムの特徴を理解すれば自然と見えて来ます。結論から言うと、

  • シャンプー
  • ヘアマスク(トリートメント・ヘアパック)
  • リンス(コンディショナー)

という順番が正解です。シャンプーで汚れをしっかり洗い流してからヘアマスクで栄養を補給した方が、栄養が届きやすくなります。そして、最後にリンスやコンディショナーを使うことで、ヘアマスクが髪の毛に与えた栄養や水分を閉じ込めることができます。逆にリンスを先に使うと髪の毛がコーティングされてヘアマスクの栄養が届かないので、注意してください。

また、正しいヘアケア方法はまず、アミノ酸系の刺激が少ないシャンプーで、指の腹を使って髪の毛を優しく洗浄します。そして、シャンプーの後に髪の毛をしっかり乾かすことがヘアマスクの特徴です。シャンプーやリンスなどのインバスアイテムは泡立ちを良くするために、髪の毛が濡れた状態で使用するものが多くなっています。一方のヘアマスクは泡立ち不要なので、成分がしっかり浸透するように乾燥させることが大切です。髪の毛がしっかり乾いたら傷んだ毛先にヘアマスクを適量塗り、10分程度放置します。この時、ヘアマスクが頭皮や肌に付かないように注意しましょう。特に頭皮にヘアマスクが付着すると毛穴が詰まって、髪の毛に栄養が届きにくくなります。また、放置している間はヘアーキャップや蒸しタオルで髪の毛を覆うと、ヘアマスクの効果がアップします。湯船に浸かりながら待てば毛穴がしっかり開き、汚れを除去しやすいこともメリットの1つです。汚れをしっかり除去すれば、髪の毛の傷みを未然に防げるかもしれません。

ヘアマスクが残ると汚れと同じ扱いになるので、放置した後はしっかり洗い流すことが大切です。毛先だけではなく、頭皮も再度洗い流せば毛穴の奥に詰まっていた汚れを除去できます。さらに、シャワーによって頭皮の血行が促進し、髪の毛に栄養が届きやすくなります。そして、最後は細菌が繁殖しないように、清潔なタオルで髪の毛を優しく拭いて乾燥させましょう。

トリートメントは毎日ケアする商品が多いものの、効果が高いヘアマスクに関しては週に1~3回程度で構いません。逆に毎日すると効果が高過ぎて、髪の毛にダメージを与えるリスクがあります。普段のケアはトリートメントで行い、たまにヘアマスクを使うことがコツです。ヘアマスクを使った日は、ダメージを与え過ぎないようにトリートメントを使用しないでください。

どれがいいの?ヘアマスクの上手な選び方

ヘアマスク

ヘアマスクを購入する時に最も重視した方が良いのは、自分に合っている成分が配合されているかということです。例えば髪の毛が乾燥している人は保湿成分が多い商品が向いています。アボカド・オリーブ・ホホバといった植物性オイルが配合されている商品は安全性が高く、優れた保湿力を発揮します。
既に髪が傷んでいる人は栄養成分が豊富な商品、傷んでいない人は適度な栄養成分を含みつつツヤ出しなどの美容成分が豊富な商品を選ぶと良いかもしれません。ダメージ補修成分として有名なのは、ケラチンパンテノールです。ケラチンは髪の毛の表面の傷みを補修し、パンテノールは補修と同時に髪の毛を保湿してくれます。

さらに、安全性を重視するなら、シリコンの有無を確認することが大切です。シリコンが入っている商品には「ジメチコン」や「アモジメチコン」といった表記があるので、チェックしてみてください。実はシリコン自体は髪の毛にとって良い影響を与えますが、肌に付着すると肌トラブルを引き起こすリスクがあります。特に敏感肌の人は肌トラブルが起きやすいので、ノンシリコン商品を選ぶのが賢明です。逆に重めの仕上がりを望む人は、シリコン入りの商品が向いています。

ヘアマスクは高級な商品ほど、良い成分が入っている傾向にあります。リーズナブルな商品は定期的に使いやすいことがメリットです。少ない回数で良い成分を補給する・リーズナブルな価格で何度もヘアケアする、どちらの方針でヘアマスクを使うか考えてから予算を決めましょう。

ヘアマスクランキング!ベスト4

1

ジルスチュアート リラックス ヘアマスクN

☆0.00.0
『ジルスチュアート リラックス ヘアマスクN』は194gで約2800円です。週に1~2回・2~3分程度の放置で良いため、短時間でヘアケアできる魅力があります。アロマティックホワイトフローラルブーケの香りにこだわっているので、女性らしい甘い香りが持続します。ダイアモンドのようなクリスタルモチーフが付いたおしゃれなデザインも高く評価されているポイントです。

カラーキープCMC補修成分を配合しているので、ヘアカラーを長持ちさせることができます。髪の毛の潤いをキープする高密着オイルを採用しているため、髪の毛が乾燥している人に最適です。さらに、髪の毛の表面にあるキューティクルを引き締め、栄養が外に出にくいメリットがあります。

2

フィーノ プレミアムタッチ 浸透美容液ヘアマスク

☆4.04.0
『フィーノ プレミアムタッチ 浸透美容液ヘアマスク』は栄養満点のローヤルゼリーEXや、トレハロース・グルタミン酸といった7種類の美容成分を配合している商品です。「正しいケアをすれば髪の毛は美しくなる。そのために髪の毛を本質から変えてほしい」という思いから、美容成分重視のヘアマスクが開発されました。内容量は230gで、約1000円かかります。シリコンが入っているので、重めの仕上がりを望む人に向いています。傷んだ毛先を髪の根元と同じくらい丈夫でしっかりした状態にサポートしてくれることが特徴です。

フィーノ プレミアムタッチ 浸透美容液ヘアマスクのクチコミ

(口コミ1件)
トトさん ☆4
2017/12/03
しっとり感があります。たっぷり入っているのでケチらずに使えてます。
ちょっと匂いが気になるかな~~ってところで-1です!

3

TSUBAKI プレミアムリペアマスク

☆0.00.0

TSUBAKI プレミアムリペアマスク

TSUBAKI プレミアムリペアマスク
価格1,180円(税抜)
容量180g
『TSUBAKI プレミアムリペアマスク』は「待ち時間0秒サロン」をコンセプトに掲げ、自宅でサロンのようなスペシャルケアができることを売りにしています。デュアルアミノ酸(ジラウロイルグルタミン酸リシンNa)がキューティクルの通り道(CMC)の幅を広げることで、美容成分をしっかり届けることが特徴です。さらに、キューティクルの剥がれている部分を修復すれば、密封効果が高まって栄養や水分の排出を防いでくれます。その他に水分の蒸発を防ぐ持続型ヒアルロン酸、CMCを通過できるサイズで配合されたラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、保湿成分のローヤルゼリー・グリセリンが含まれています。TSUBAKIが販売しているコンディショナーやトリートメントより椿オイルが圧倒的に多く、髪の毛にツヤを与えてくれる商品です。

4

ラ・カスタ アロマエステ ヘアマスク35

☆0.00.0
『ラ・カスタ アロマエステ ヘアマスク35』は同社のヘアソープとほぼ同じ成分が配合されています。どちらも価格は約2160円で、ヘアソープは300ml・ヘアマスクは230gになっています。詰め替え用が販売されているため、ランニングコストを抑えることが可能です。特にヘアマスクは保湿成分が多く、髪の毛をしっかり保湿してくれます。ステアルトリモニウムクロリドやベヘントリモニウムクロリドといった成分が配合されているので、髪の毛の静電気を防いでくれることも特徴の1つです。ハーブエキスはアルテア根やセージ葉といったオーガニック成分が多く、安心して使用できます。

【まとめ】ヘアマスクで髪の毛の補修保湿とアロマ効果をゲット!

金髪の女性の後頭部

ヘアマスクは、髪の毛に必要な栄養を与えること髪の毛を補修・ツヤ出しするヘアケアアイテムです。今回は髪の毛に対する性能を中心に紹介しましたが、香りが豊かでアロマ効果の高いヘアマスクも多数あります。
自分にあった成分、性能と同時に香りを楽しんでみてはいかがでしょうか?

関連記事はこちら

ヘアケアおすすめ商品