スキンケア

男性も必見!メンズだってクレンジングでお肌をきれいに!

2018/11/3

クレンジング」といえば女性がメイクを落とす際に使うものだというイメージが強いと思いますが、今ではメンズもクレンジング用品を使う時代になったって知ってましたか?今、男性でも美容意識が高まっているんですよ。

自分はメイクなんかしないから関係ないと思っているあなたでも、メンズ向けのクレンジングは効果があるものですよ!
スキンケアを考えている方は、ぜひメンズでもクレンジングでお肌をきれいにしてみませんか?

関連記事

肌悩み男子必見!おすすめメンズオールインワンゲル5選

30代に人気!気になる目元ケアにおすすめのアイケア化粧品ランキング10選

メンズもクレンジングでお肌をきれいに!でもそもそもクレンジングって?


今の時代、クレンジングにこだわる男性は年々増加していて、メンズファッション誌で特集が組まれたりするぐらい、肌ケアに関心を持つ男性が増えているんです。

そもそもですが、クレンジングってなに?男性少なからずいるのではないでしょうか?わからない人からすれば洗顔料と何が違うのかさっぱりわからなかったりしますよね。

今、これを見てクレンジングと洗顔料って違うの?と知った人もいるんじゃないですか?
まあそれも仕方ないことです。男性でメイク経験がある人なんて少数派でしょうからね。

クレンジングというのは厳密にいえば洗顔料の仲間といえば仲間ですが、簡単に言ってしまえばファンデーションや口紅、アイラインなどの化粧を落とすためのものです。
対して男性が一般的に思い浮かべる洗顔料は汗や汚れなどを落とすものだと思います。

このふたつの大きな違いとしてはクレンジングは化粧品のような油性のものを落とすためのものということです。構造としては油分の多い化粧品を、クレンジングの油分でなじませクレンジングごと洗い流すものです。
つまり、化粧落とし以外でも皮脂のような油でも同じ要領で洗い流すことができるんです。

男性でもしっかりクレンジングケアしてもらいたい理由

男性はホルモンバランスの関係上、皮脂の分泌が女性よりも多いものですから、肌がべたつきやすくニキビや毛穴のトラブルが起きやすいのです。
特に鼻のポツポツとした黒ずみなど気になる方も多いのではないでしょうか?

そんな肌の悩みを抱えている男性でもクレンジングを使えば、洗顔では落ちなかった毛穴に詰まった汚れや角栓などもさっぱり除去できてしまいますよ。

皮脂や汚れなどを放置しておくと黒ずみくすみニキビの原因になるので注意が必要です。
ただ、汚れが取れるからと毎日クレンジングをするのはよくありません。クレンジングをするのは大体週に1~2回の頻度で大丈夫です。

日焼け止めや男性用のファンデーションやコンシーラなどを普段から使っている方なら知っていると思いますが、こういった化粧品を使った場合はクレンジングを使わないと洗顔料だけでは肌に油分が残ってしまい肌のダメージになってしまうこともあるので、しっかりとクレンジングで落とすようにしてください。男性が使うような洗顔料の多くは水性のよごれを落とすものなので、油性のものはクレンジングを使わないと落としにくいんです。

クレンジングの5つの種類

クレンジングと一口に言ってもクレンジングにもいくつか種類があります。
種類としては大きく分けて

  • クレンジングオイル
  • クレンジングジェル
  • クレンジングリキッド
  • クレンジングクリーム
  • クレンジングミルク

5種類に分けられます。

洗浄力の高さとしてはオイル>ジェル>リキッド>クリーム>ミルクの順番になります。
例えば、敏感肌だと洗浄力が強すぎてオイルやジェルは不向きなので、おすすめはクリームやミルクといった優しめの洗浄力を持ったものになります。

ウォータープルーフの化粧品などを使ったときはオイルやジェルのような洗浄力が強いものがおすすめです。

クレンジングの知っておきたいポイント


皮脂トラブルが起きやすいのはおでこから鼻にかけてのTゾーンと呼ばれる部位になります。あまり洗浄しすぎもよくありませんが、このゾーンは少し念入りに洗ってしまってもよい部位です。

クレンジングの際の注意点ですがクレンジングと洗顔の両方をやってしまうと肌へ負担がかかりすぎてしまう場合もあるので、肌がそれほど強くない方は洗顔不要のクレンジングのみでOKなものを探しましょう。

質の高いクレンジングを探すこともいいですが、継続することも考えてコスパの良いもの購入するようにしましょう。

クレンジング選びのコツですが、洗い流した後に肌がつっぱらずにしっとりすべすべしていれば肌に合っているものになります。洗浄力が強すぎてつっぱった感覚があると、必要な皮脂を取りすぎている可能性があるので、別のクレンジングを探しましょう。

クレンジングをする際のポイントですが、あらかじめ毛穴の汚れを取りやすくするために蒸しタオルで顔を温めるのがおすすめです。
毛穴がしっかり開いたら指先じゃなく指の腹で優しくマッサージをしながらゆっくりとクレンジングを塗布していきましょう。この時、時間は30秒ほどにしておきましょう、こすりすぎはダメです。

メンズにおすすめクレンジング

ではここからはメンズにおすすめなクレンジングをタイプごとにおすすめさせていただきます。
どれもおすすめのクレンジングですので、どれが一番肌にしっくりくるのかもぜひ試してみてほしいです。

クレンジングオイル
クレンジングオイルは最も油性が高く、同じく油性の汚れであるメイクとなじみやすく落としやすいクレンジングです。
しっかりとしたメイクをした人や皮脂の分泌の多い方におすすめ。
ただし、強力ゆえに皮脂を取りすぎて、肌へダメージを与えてしまうこともあるので注意が必要です。

ファンケル マイルドクレンジングオイル

☆4.54.5

ファンケル マイルドクレンジングオイルのクチコミ

(口コミ2件)
みたらし団子さん ☆5
2018/04/17
オイルクレンジングは肌に馴染ませる必要があるので、ゴシゴシと擦ってしまいがちですが、ファンケル マイルドクレンジングオイルは本当にするんと落ちます。肌に負担無くメイクが落とせるので最初はとても感動しました。ファンケルなので成分的にも安心ですし、何度もリピートしています。
クレンジングジェル
クレンジングジェルはオイルを乳化させてジェル状にしたものです。
ジェルには水性タイプと油性タイプの二種類があり、肌質や目的に合わせて選ぶ必要ああります。
クレンジングジェルの魅力としては洗浄力は強いものの粘性があるので、肌を傷つけにくく肌に優しいという特性があります。
濡れた手でも触れるので、お風呂で入浴ついでにクレンジングがしたい時にはオイルなどよりも使いやすいです。

花王 キュレル ジェルメイク落とし

☆0.00.0
クレンジングリキッド
クレンジングリキッドは水やアルコールベースのものが多く、油分は少ないのでオイルやジェルなどと比べるとやや洗浄力は落ちます。
界面活性剤が含まれているものも多いため、濡れたでも使用可能なものが多いです。
アルコール系の成分が含まれているので、人によっては肌への刺激が強く感じるかもしれませんので、合わないと思ったらすぐに使用を控えましょう。
使う際にはコットンなどに含ませて、ふき取る方法がおすすめです。

オルビス クレンジングリキッド

☆4.34.3

オルビス クレンジングリキッド

オルビス クレンジングリキッド
価格1,334円(税抜)
容量150ml

オルビス クレンジングリキッドのクチコミ

(口コミ3件)
あひるさん ☆4
2018/04/25
ビオレのうるおいクレンジングリキッドを使用しています。価格が安く、ドラッグストアなどで手軽に購入できるところが気に入っています。洗い上がりもよくつっぱり感も感じません。ただ、少し濃いめのメイクのときは2度洗いが必要な場合もあります。
クレンジングクリーム
クレンジングクリームは洗浄力は控えめですが、敏感肌の方にはおすすめの肌に優しいクレンジングです。
クリームもジェルと同じく、指での摩擦をあまり気にせずクレンジングができるので、場合によってはミルクタイプよりも肌に合う人もいるかもしれません。
洗い流すタイプとふき取りタイプがあるのでお風呂で使いたい場合は洗い流すタイプを、水を使わず簡単にクレンジングしたい場合にはふき取りタイプを使ってみてください。

ビオレ こくリッチメイクオフクリーム

☆0.00.0
クレンジングミルク
クレンジングミルクはクレンジングの中でも最も肌に優しく、敏感肌や肌が乾燥しやすい方には一番おすすめできるクレンジングです。
水分量が多いので保湿能力もあり、乾燥肌の方にもおすすめできます。

クレンジングミルクを選ぶときは洗い流すタイプがおすすめです。拭き取るタイプだと拭く際に肌にダメージが行く場合があるので、お肌のことを最大限考えるのであれば洗い流すタイプがおすすめです。
洗い流す際にも冷水や熱めのお湯でなくぬるま湯で洗い流すのがベストです。

ダヴ センシティブマイルド ミルククレンジング

☆0.00.0

まとめ

いかがでしたでしょうか?
皆さんも少しはメンズのクレンジングに興味を持っていただけましたか?
やっぱり男性でお肌に気を使っている人は少数派ですから、その中でスキンケアをしっかりとしているのは女性から高評価を得られますよ。
モテたい思っている男性の方はぜひメンズのクレンジングを初めてみてください!

関連記事はこちら

スキンケアおすすめ商品

TOP