スキンケア

肌へのやさしさで選ばれているミルククレンジング!おすすめ5選とは!

ミルククレンジング!おすすめ5選

2018/1/18

なんとなく肌にやさしいイメージのあるミルククレンジングですが、きちんとその特徴を理解して選べていますか?

肌に負担の少ないクレンジングですが、実は使い方によってはその効果を得られなかったり、向いていないメイクもあるのです。そんなミルククレンジングのメリットや正しい使い方、おすすめの商品を紹介していきます。

関連記事

黒ずみ・毛穴汚れをすっきり!角栓ケア化粧品おすすめランキング

エイジングケアって一体何?人気のエイジングケア化粧品ランキング!

ミルククレンジングとは

ミルク波紋
ミルククレンジングとは、その名のとおりミルクのようななめらかなテクスチャーが特徴のクレンジングです。他のクレンジングと比べると肌にあまり負担がかからず、やさしいクレンジング方法と言えます。低刺激でうるおいも残してくれるので、乾燥や肌トラブルが気になっている人も使いやすくなっています。

油性のメイクは同じ油分でなければ落とすことができません。しかし、油分が多いとメイクはしっかり落ちるけれど、肌に必要な皮脂まで一緒に落としてしまうことになるのです。ミルククレンジングは水分が多く油分が少ないので、肌に優しい代わりにメイクを落とす力も緩やかなクレンジングと言えます。最近ではクレンジング後の洗顔が必要ない商品もたくさん出ているので、より肌への負担を軽減することが可能です。

ミルクではメイクが落ちにくい?

「ミルクではメイクが落ちにくいのかな?」と気になるところですが、ナチュラルメイクならミルククレンジングで十分対応できます。濃いめのアイラインやマスカラ、口紅などは専用のポイントメイクリムーバーを併用すると良いでしょう。ベースメイクにリキッドファンデーションや水に強い日焼け止めを使っている場合は、ミルククレンジングは向きません。

「なんとなく肌に良さそう」という理由で使っては、きちんとメイクを落とせない原因になってしまいます。自分の肌に対する悩みや普段のメイクから、ミルククレンジングが合っているのか考えてみましょう。

上手なミルククレンジングの使い方

アイメイクをコットンでふき取っている女性

一番気になるのはミルククレンジングの正しい使い方ではないでしょうか。上手なクレンジングの方法をマスターして、綺麗にメイクを落としていきましょう。肌にメイクが残ったままだと肌トラブルの原因になることもあります。クレンジングはとても重要なフェイスケアなので、丁寧に行うことが大切です。

ミルククレンジングには洗い流すタイプのものと、拭き取りタイプがあります。どちらを使う場合もアイメイクなどは、先にポイントメイクリムーバーで綺麗に落としてからスタートします。

ミルククレンジング洗い流すタイプ

乾いた手にミルククレンジングを適量取り、手のひらでよく温めます。ミルククレンジングは油が水に包まれた状態になっていますが、この一手間で水分が蒸発し、油が水を包み込んだ状態に転相します。この油分がメイクや皮脂を落としやすくしてくれるので、この行程を忘れないようにしましょう。

次に、目元を避けるように顔全体にミルクを馴染ませていきます。内側から外側に向かってくるくると円を描きながら手を動かすのがポイント。
小鼻や口元など、洗い残しがないように丁寧に洗ってください。皮膚が薄い目元は最後に馴染ませます。デリケートな部分ですがアイシャドウやファンデーションがたまりやすいところでもあるので、目を傷つけないようにキワまできちんと伸ばしましょう。

ここまでできたら洗い流していきます。流す時は、32度くらいのぬるま湯が適しています。ミルククレンジングは「再乳化」させて落とすのが大事です。ミルククレンジングを手で温めた時に油が水を包み込んだ状態にしましたが、再び水が油を包んだ状態に戻すことを再乳化と言います。水で包まれるとミルククレンジングを肌に残すことなく流しやすくなるので、バシャバシャ洗うのではなく、少しずつ再乳化させながら落としていきましょう。

拭き取りタイプミルククレンジング

基本はほとんど同じです。乾いた手でしっかりとミルクを温めたら、先ほどと同じ要領で顔全体に広げていきます。変わってくるのはミルクを馴染ませた後の行程です。大きめの厚手コットンに水をたっぷりと含ませ、目元からミルクを拭き取っていきます。この時、目頭から目尻に向かって落とすように注意してください。目元のミルクが落とせたら、今度は顔全体を内側から外側に向かって落としていきます。拭き取りタイプはミルクが落ちたか分かりにくいですが、拭き忘れがないように気をつけてください。コットンを何度か変えて拭くと良いでしょう。

これでミルククレンジングは終了です。ミルククレンジングはクレンジング後の洗顔が必要ないものもあるので、商品の注意書きを読んでその後のお手入れに進んでいきましょう。

ミルククレンジングをする時に注意することって?

ミルククレンジングをする時は、ミルクをたっぷり使うことがとっても大事になります。ついついもったいなくて少量で済ませたくなりますが、それではせっかく肌にやさしいと言われるミルククレンジングを使っていても逆効果になってしまうことすらあるのです。

ミルククレンジングの1回の使用量の目安はポンプだと4〜5プッシュ程度。ちょうど500円玉くらいの大きさです。顔に伸ばした時になめらかに手が肌をすべるのがベストな状態なので、考えるより使ってみると分かりやすいでしょう。どうしてもたっぷり使うことに抵抗があるのなら、気にならない安価な商品を選ぶのもひとつの方法です。

少量だとすべりが悪く、摩擦で肌に刺激や負担をかけてしまいます。目安の量を使っていてもすべりが悪くなるなら途中で足しても大丈夫なので、心地いい状態で洗うことを目指しましょう。

たっぷり使うことで摩擦を減らすことが大切なのですから、ゴシゴシこするのももちろん良くありません。こするというのは摩擦しているのと同じことです。クレンジングにしても洗顔にしても、ゴシゴシとこすった方が綺麗に汚れが落ちる気がしますが、全くそんなことはありません。フェイスケアの基本はやさしく洗うことです。丁寧にこすらないように洗うことを心がけていきましょう。

メイクが落ちていない気がするな、と思ったら

お肌を気にしている女性

ミルククレンジングをしてもメイクが落ちていない気がすることもあります。「もともと洗浄力の弱いクレンジング方法だから仕方がない」と諦めてはいませんか?

ミルククレンジングはミルクがメイクに馴染むまで少し時間がかかります。肌に馴染んだミルクはテクスチャーが変わってくるので、それまで待ってみると良いでしょう。しっかりと馴染むとメイクも浮いてきているので、後は流せばOK。ポイントメイクは事前に落としておくのを忘れないようにしてください。

また、濡れた手で使えるクレンジングもありますが、ミルククレンジングは顔や手が乾いている状態で使った方が効果を期待できます。正しい使い方ができていたかどうかも合わせて、一度見直してみましょう。色々試してみても気になる人は、ミルククレンジングが合っていないのかもしれません。洗い残しがあるのにそのままミルククレンジングを使っていては、肌への負担がどんどん積み重なっていきます。普段のメイクをしっかりする派なら、オイルクレンジングなどに変えて様子をみてみると良いでしょう。

おすすめミルククレンジング5選

迷っている人におすすめしたいミルククレンジングをランキングにしました。それぞれの特徴や長所を紹介していくので、商品を選ぶ参考にしてください。

1

パラドゥ スキンケアクレンジング

☆4.04.0

パラドゥ スキンケアクレンジング

パラドゥ スキンケアクレンジング
価格1,200円(税抜)
容量120g
トロッとしたテクスチャーのミルクがお肌によく馴染み、メイクをしっかりと浮かせて落とします。美容液成分が89%も含まれているため、洗った後もお肌が突っ張りません。クレンジングなのにしっとりとうるおうから、乾燥が気になっている人からも人気が集まっています。顔や手が濡れていても使えるので便利です。プチプラなのにダブル洗顔も不要なので、洗顔に手間をかけたくない人には特に試して欲しい商品です。

パラドゥ スキンケアクレンジングのクチコミ

(口コミ1件)
ノラさん ☆4
2018/04/22
手に取って肌に広げるとミルク状のクレンジングが優しく肌になじみます。「スキンケア」という名の通り、美容成分がたっぷり入っています。きれいにメイクが落ちてしかも肌に負担がないのが何よりお勧めできる点です。

2

トリートメント クレンジング ミルク

☆5.05.0
なめらかで優しい洗い心地とは対照的に、メイクを落とす力は抜群です。「ミルククレンジングはメイクが落ちにくい」というイメージを変えてくれることでしょう。9種類のエッセンシャルオイルがブレンドされた柑橘系の香りも、癒し効果抜群。1度使うとやみつきになり、リピーターが多くいます。美容液成分がたっぷりと含まれているので、洗い上がりはもちもちとした肌に仕上がります。

トリートメント クレンジング ミルクのクチコミ

(口コミ1件)
プレママさん ☆5
2018/04/22
あまりクレンジングにはこだわっていなかったのですがこの商品を使って、こだわる人の気持ちがよくわかりました。洗った後の保湿力がオイルクレンジングよりフィット感がありました。洗顔効果と同時にカバー力もあります。洗顔力も他のクレンジング同様の効果が期待できます。

3

ミルキィクレンズアップ

☆4.74.7

ミルキィクレンズアップ

ミルキィクレンズアップ
価格2,800円(税抜)
容量120g
アクセーヌは肌トラブルで悩んでいる人も安心して使える化粧品開発に力を入れているメーカーなので、ニキビやアトピー、乾燥肌など、肌に気になることがある人でも試しやすい商品です。角質柔軟成分が含まれているので、余分な角質を落としやすくし、ニキビやくすみなどを防ぐ効果も期待できます。乳液のようなみずみずしいテクスチャーでお肌にすぐ馴染むため、肌に負担がかからないところが人気を集めています。

ミルキィクレンズアップのクチコミ

(口コミ3件)
ゆかりさん ☆4
2018/04/22
オイルクレンジングでは、肌が乾燥するのが悩みでした。そこで、ミルクタイプの「ミルキィクレンズアップ」を購入しました。使用していても感想は全く感じませんでした。
洗い上がりももっちりしていて、そのまま1時間ほど放置しても潤いが持続していてびっくりです。それに、角質を柔らかくしてくれるので鼻の角栓もポロポロとれて、顔色が一段と明るくなったのが嬉しいです。

4

エクシア AL セルクラリティ ミルキィフォーム

☆4.74.7
ミルクを手に取り、しっかりと泡立ててから使うタイプのミルククレンジングです。たっぷりとした泡が肌にぴったりと密着し、汚れや古い角質、老廃物までしっかりと落としてくれます。弾力はあまり無いやわらかな泡ができるので、ふんわりと軽い洗い心地を得られます。ほんのりと上品な香りも楽しめ、使い終わった後はまるで贅沢なトリートメントをしたかのようにすべすべ。

エクシア AL セルクラリティ ミルキィフォームのクチコミ

(口コミ3件)
あかりさん ☆5
2018/04/23
肌に優しいと評判なので購入してみました。
きめ細かい泡がホワホワして洗っていて気持ちがいいです。乳液タイプだからか洗い上がりも肌がしっとりして、肌のゴワゴワ感がなくなる実感があります。さすがアルビオンですね。リピします。

5

ママバター クレンジングミルク

☆4.04.0

ママバター クレンジングミルク

ママバター クレンジングミルク
価格1,500円(税抜)
容量130g
敏感な赤ちゃんでも使えるやさしさを目指して、天然由来保湿成分のシアバターをメインの保湿成分とするナチュラルな商品を次々と作り出してきたママバター。中でもこのクレンジングミルクはベストセラーとして多くの人に選ばれています。オーガニックラベンダーの香りはリラックス効果もあり、忙しい女性やママにも人気があります。クリームのようなゆるすぎないテクスチャーで、しっとりとうるおった肌に仕上がります。コスパもいいので手に取りやすいのも魅力です。

ママバター クレンジングミルクのクチコミ

(口コミ4件)
ねこねこさん ☆4
2018/06/29
オイルタイプよりも穏やかにメイクを落としてくれますので肌への負担が少ないです。
ただ、濃いめのメイクの時は汚れが残ってしまうこともありました。薄いメイクの時に向いている商品です。夜のメイク落としにはもちろん、朝の洗顔料としても活用しています。

【まとめ】おすすめのミルククレンジング

ミルククレンジングの魅力と適切な使い方について紹介しましたがいかがでしたか?テクスチャーや香りなど自分の好みに合ったミルククレンジングを選んで、美肌を目指しましょう。

関連記事はこちら

TOP