スキンケア

メイクは優しくしっかり落としたい!オイルクレンジングおすすめランキング!

オイルクレンジングおすすめランキング!

2018/1/18

クレンジング剤は肌に優しくメイク落ちが良いものを使用したいでしょう。中でも、オイルクレンジングはウォータープルーフなどの落ちにくいメイクでもすっきり落とせるのが特徴です。

ここでは、オイルクレンジングの特徴やメリット・デメリットのほか、おススメの厳選商品を紹介しますので、クレンジング剤の選び方に迷っている人もチェックしてみて下さい。

関連記事

リップクリームおすすめランキング5選!自分に合った商品をチェック

人気のホットクレンジングジェル8選!気になる効果と使い方も紹介

高い洗浄力が魅力のオイルクレンジング

液体

オイルクレンジングは、肌に軽くなじませるだけでメイクが落とせるので使いやすく、時間をかけなくても良いのがメリットです。

その使用感は、高い洗浄力が生みだしているもので、特に濃い目のメイクが好みの人や、しっかりとメイクした日に使用するのに向いています。

また、落とせるのはメイクだけでなく、毛穴に入り込んだ埃や皮脂汚れもオフできるので、優れもののスキンケア製品と言えるでしょう。

オイルクレンジングは多くの化粧品メーカーから様々なアイテムがリリースされていますが、化粧水などのスキンケア製品とは異なり、肌に浸透させて直接美肌をつくるものではありません。
ただ、メイクをきれいに落として化粧水や美容液を浸透させやすい環境に導くためには、しっかりとした洗浄力が得られるオイルクレンジングを選ぶ必要があると言えます。

デメリットも知っておきましょう

良くメイクが落とせるのでオイルクレンジングはメリットしかないと感じられますが、実は短所もあると知っておきましょう。

油性の成分を洗浄するのに長けているオイルクレンジングには、界面活性剤と呼ばれる成分が含まれています。
クリームやローションタイプなど、他のクレンジング剤にも含まれている場合が多いのですが、配合されている量がオイルクレンジングは比較的多いのが特徴です。このため、人によっては落とさなくても良い皮脂や水分が肌から奪われてしまうケースがあります。

逆にクリームタイプなどのクレンジング剤はあまり肌へ負担にならないのがメリットですが、洗浄力がオイルクレンジングより弱く、濃いメイクやウォータープルーフなどの場合だと落としきれない場合もあるのが特徴です。クレンジング剤を選ぶ際には、メイクのタイプや皮膚の状態などから自分に適したものを探すと良いでしょう。

ナチュラルメイクにはクリームタイプ、UVを避ける効果が高い日焼け止めを使ったり、濃いメイクをしたりした場合にはオイルタイプなど、日によって使い分けるのもひとつの方法です。

オイルクレンジングの正しい使い方!

洗顔をする女性
オイルクレンジングは洗浄力が高いと言っても、正しく使わなければ効果を十分に得られません。肌へ負担を掛けずに洗う方法をマスターしましょう。

①オイルクレンジングの前に

まず、クレンジングに入る前に準備をしましょう。
スキンケアは手で行うものですから、まず、手に付着している汚れや雑菌を落としてください。清潔にする理由はニキビをできにくくさせるためと、メイク落ちを良くさせるためです。

②オイルクレンジングでオフ

手を洗ったらクレンジングしていきますが、オイルをいきなり顔全体に広げてしまうのはやめましょう。ポイントメイクを先に落としてからでないと、ファンデーションが落ちにくくなる可能性があります。リップやアイシャドーを一端落としてから、新たにオイルを手に出してファンデーションを落とすようにします。

ファンデーションを落とす場合には、皮脂分泌量が多い額や鼻などにまずなじませてから、頬と顎へ広げていきましょう。この時、力を入れずにくるくると小さな円を描くように、指先でオイルとメイクをなじませて下さい。
また、よくメイクを落としたいからと言って時間を掛けて丁寧に行うのは逆効果です。時間をかけずに手早くクレンジングして皮膚を乾燥させないようにするのがオイルクレンジングのコツと言えます。メイクとオイルをなじませたら、少量の水分を与えて再びなじませオイルが白っぽく見えてきたらよく洗い流しましょう。

③オイルクレンジングを洗い流す

ぬるい温度のお湯で洗浄するのがベストです。熱すぎるお湯で洗うと肌が乾燥しやすくなるためオススメできません。逆に冷水で洗うとメイクが落としきれないケースがあります。クレンジングが終了したら、次に洗顔を行って下さい。

皮脂などの肌汚れも落とすオイルクレンジングは多くありますが、クレンジングだけでは落とせなかった汚れもあるかもしれません。洗顔料を使って洗顔して汚れやメイクをより上手に落としましょう。

良く泡立てて肌へ負担を掛けないように洗い、ぬるま湯ですすぎます。オイルクレンジングや洗顔料が肌に残らない様に丁寧にすすいで下さい。

④アフターケア

すすいだら、速やかに化粧水や乳液などでスキンケアの仕上げを行い、肌を乾燥させないように整えましょう。

オイルクレンジング・洗顔料ともにパッケージなどに表示されている容量を守って使用するのも肌への負担を少なくします。オイルクレンジングでは肌を摩擦しないようにするため、メーカー推奨よりも少ない使用量は避けましょう。

W洗顔不要って表示されているけれど・・・

鏡を見ている女性

前項でオイルクレンジングの使い方を紹介しましたが、クレンジング後の洗顔については基本的に各商品に表示されている用法に従うようにしましょう。

しかし、アイテムによってはW洗顔不要のものも存在しますので、洗顔した方が良いのかと考えてしまう人も少なくないかもしれません。クレンジングや洗顔は、特に敏感肌などの人には肌へ負担をかけやすいスキンケアと言えます。このため、W洗顔が肌に優しいとは一概に言えませんが、逆に洗顔しなければクレンジング後に肌がべたついてしまうケースもあるのです。

べたつく場合はクレンジングで落としきれていない汚れがある可能性も考えられますが、自分に適した方法でスキンケアを行うのが大切だと言えます。このため、W洗顔が必要だと感じる人は洗顔料を使った洗顔が必要なオイルクレンジングを、W洗顔をすると乾燥が心配な人はW洗顔不要のオイルクレンジングを選択すると良いでしょう。

オイルクレンジングの裏技!

オイルクレンジングには鼻の角栓ケアになる裏技があるとご存知でしょうか。

クレンジングや洗顔をした後の肌が清潔な状態で行いますが、手ではなく綿棒を使用してオイルを角栓の気になる部分へなじませていきます。
オイルを含ませた綿棒は強く押しあてるのではなく軽い力で小さな円をくるくると描くようにマッサージすると良いでしょう。
角栓が浮いた状態になったら綿棒で除去して洗顔して下さい。

オイルクレンジングを使用するため、肌への負担を小さくして角栓除去できますがケア後は毛穴が開いた状態になりがちなので、しっかりとスキンケアを行いましょう。なるべく毛穴の引き締め効果が高い化粧水や美容液などを使用して仕上げをして下さい。

潤いを残して肌負担が少ない!オイルクレンジングおすすめランキング!

オススメのオイルクレンジングのランキングです。聞いたことがあるブランドが多いので、使ってみたかったと以前から気になっていた人は特にチェックしてみてください。

1

ファンケル マイルドクレンジングオイル

☆4.54.5
CMやコンビニで見かけた人も多いアイテムです。指で擦らなくてもメイクが落とせる洗浄力が特徴で、肌ストレスを与えにくく、洗った後にツッパリ感がなく肌に潤いを残せます。オイルタイプですが、肌触りが比較的さらっとしていて、伸びが良いためメイクの上へ広げやすいのも大きな特徴です。水分となじみやすいオイルが配合されているので簡単に洗い流せるほか、メイクだけでなく毛穴汚れも落とすので、使い続けると肌がなめらかな状態になっていきます。防腐剤や石油系界面活性剤のほか、紫外線吸収剤など肌へ負担をかけやすい成分がカットされていて、敏感肌の人にも比較的使いやすいオイルクレンジングでしょう。

ファンケル マイルドクレンジングオイルのクチコミ

(口コミ2件)
みたらし団子さん ☆5
2018/04/17
オイルクレンジングは肌に馴染ませる必要があるので、ゴシゴシと擦ってしまいがちですが、ファンケル マイルドクレンジングオイルは本当にするんと落ちます。肌に負担無くメイクが落とせるので最初はとても感動しました。ファンケルなので成分的にも安心ですし、何度もリピートしています。

2

アテニア スキンクリア クレンズ オイル アロマタイプ

☆4.04.0
エイジング現象の起きている肌に向いているオイルクレンジングです。肌ステインの除去を可能にするロックローズオイルが配合されているので、くすみをメイクと共に落とせます。また、毛穴汚れを除去するアルガンオイルや潤いをキープするバオバブオイルなど、4種類の高級美容液オイルが含まれているのも特徴です。ウォータープルーフなどのメイクをしっかり落とす洗浄力がありながら肌を乾燥させず、使用するたびに肌色が明るくなります。ノンコメド処方でニキビができにくく、アレルギーテストもされているので敏感肌などの人でも安心して使用できる場合が多いです。

アテニア スキンクリア クレンズ オイル アロマタイプのクチコミ

(口コミ1件)
まりもさん ☆4
2018/04/22
アロマの香りが心地良く、良い香りに包まれながらクレンジングを行うことができます。メイク落ちが良いのに、お肌のつっぱる感じはないので安心して使っています。価格もそんなに高くないのでコスパの良い商品だと感じました。

3

アルティム8∞ スブリム ビューティ クレンジング オイル

☆1.01.0
自然由来成分98パーセントのナチュラルなオイルクレンジングです。オレインサンを含んだ日本つばきカメリアオイルが配合されているため、肌へのなじみが良く洗い上がりの心地良さがあります。メイクを落とした後に洗顔が必要ないので、クレンジングの時短が可能です。肌

アルティム8∞ スブリム ビューティ クレンジング オイルのクチコミ

(口コミ1件)
いきものさん ☆1
2018/06/29
ベースメイクの落ち方はとても良かったです。毛穴にあまり効果が見られないのが残念です。普通のメイク落としと変わらない気がします。ダブル洗顔不要と書いていましたが、ぬるま湯で流してもぬるっとした感じが残るのが困ります。

4

カウブランド 無添加メイク落としオイル

☆3.53.5
パラベンフリーなど低刺激処方のため敏感肌の人でも安心して使えるアイテムです。牛のマークで知られる牛乳石鹸からリリースされているクレンジングオイルで、肌への負担が少なく設計されているのが特徴です。保湿成分のセラミドが配合されているので、デリケートな状態の肌や乾燥肌でも潤いを守りながらクレンジングできます。また、厚みを感じるオイルがメイクをスピーディーに浮き上がらせるので使いやすいです。メイク乗りしやすい肌へ導けて低価格であるのも魅力でしょう。

カウブランド 無添加メイク落としオイルのクチコミ

(口コミ2件)
あやままさん ☆3
2018/04/22
このシリーズの洗顔を使用していた関係でメイク落としも使ってみようと思いました。私は元からメイクも薄めなのでメイク落ちは問題ありません。ただ、時々肌が突っ張るように感じることがあり、その点だけ気になっています。

5

CLINIQUE テイク ザ デイ オフ クレンジング バーム

☆4.04.0
バームタイプのクレンジング剤ですが、肌の上でシルクの様な質感があるオイルへ変化します。落としにくいメイクの他、皮脂などの肌汚れを高い洗浄力ですっきりとオフできるアイテムです。肌が乾いた状態で使用し、メイクとなじませた後に水を加えて乳化させ、メイクをしっかり落とします。潤い成分によって肌が持つモイスチャーバランスが保たれ、しっとりした洗い上がりになるのが特徴です。小鼻の毛穴汚れを落として引き締める効果もあると口コミで紹介されています。

CLINIQUE テイク ザ デイ オフ クレンジング バームのクチコミ

(口コミ1件)
うしの味方さん ☆4
2018/04/22
肌の質感が変わっていくクレンジングで使っていてとても面白いです。肌に、馴染ませていくうちにどんどん肌にもフィットしてメイクにもなじませやすいです。メイクをした後に落とすのにちょうど良いと感じます。洗浄力も抜群です。

【まとめ】オイルクレンジングで潤い肌を手に入れよう

オイルクレンジングは洗浄力が高く非常に人気の商品ですが、正しい使い方をしなければ肌に負担をかけてしまう可能性があります。正しく使えば潤い肌を手に入れることもできるので、メーカーが指定する使用方法を正しく理解して使用しましょう。

関連記事はこちら

スキンケアおすすめ商品

TOP